マルチエミュ BizHawk 2.2.2がリリースされました

BizHawk 正式版 2.2.2 About

リリース予定からは1ヶ月以上遅れていますが、ようやくBizHawk 2.2.2がリリースされました。先走って情報を公開してしまった私としてはひと安心といったところです。

ボリューム的にはなかなか大規模な更新に思えますが、自分があまり使っていない機能に関する修正というのはどうしても伝わりにくいので、実際に触ってみた感想としてはあまり変わったという感じはしなくもないような…

BizHawk 2.2.2のダウンロードと更新履歴

例によってこちらの更新履歴をそのまんまいつものGoogle翻訳です。Windows Binaryから最新バージョンもダウンロード出来ます。

リリース予定からそれなりに日数が経過しているので以前の公開内容にいくらか+αされてますし、そこからの差分を調べるのも面倒なのであらためてまるっと掲載する事にします。

※機械翻訳そのまんまと言っても機種やコア名などは部分的に修正してあります。

EmuHawk

  • 修正プログラムを再起動すると、ROM終了後にコアがクラッシュする
  • ヒント – 2バイトの戻り値を修正しました。 修正#1060
  • アナログコントロールとしてのxpadトリガーのバインドを許可します。 修正#1054
  • ムービーバックアップの保存パスを修正する
  • 16進エディタ – マルチバイトのバイトをスワップする機能
  • Core Config – テキストに合わせて動的にテキストのサイズを変更する
  • ffmpegライター – ロスレスaviコマンド(ffv1、イルカスタイル)
  • ホットキーダイアログ – autofireをautoholdに近づける
  • 修正#1126 (自動ホットキーが壊れている)
  • 6502トレースログの改善
  • PXMコンバータ#1109を修正
  • Ram Watch
    表示タイプ列を追加する( #683 )
    列設定の修正、 #1137の修正
  • Lua
    A/VでOSDをキャプチャするときは、gui.text()メッセージをキャプチャします。 修正#799
    luaソケットを修正しました。 #1077
    #1094 lua mainmemory.readbyterange()の問題を修正しました。
    client.isturbo()およびclient.isseeking()を実装します。
    tastudio入力関数と分岐コールバックを実装する
    複数行のgui.text()を修正しました。
    emu.getluacore()を実装する
    修正#1119 (Lua with TAStudio(2つのホストスレッドのバグ ) )
    ルア機能ウィンドウにコンテキストメニューを追加する1122
    他のプログラムと通信するための新しいライブラリ#1080
    Client.openrom()を修正しました。
  • TAStudio
    Smart greenzone decayアルゴリズム
    グリーンゾーンのスマート初期状態のギャップ。 修正#915
    グリーンゾーンを取得するたびに新しい入力を更新
    ブランチスクリーンショットポップアップの縮小を止める
    修正#1072 (TAStudio savestate履歴設定エラー)
    修正#1090 (追従カーソルの不快感)
    新しいマーカーと新しい枝にスクロールする
    マーカーの削除ごとに選択を強制終了しない
    ブランチグリーンゾーンのサポートを停止する
    修正#916 (最後に編集されたフレームGreenzone)
    修正#913 (バックアップファイルや自動保存時にGreenzoneを保存しないでください)
    再生コントロールボタンにツールチップを追加する
    クリップボードが使用可能なときにペーストメニュー項目を有効にする
    新しいフレームのために入力ポートに詰まったアナログ値を修正
    マクロ:ファイルに保存するときにパス内のコロンで死ぬことはない
    現在のフレームに右に挿入した後にグリーンゾーンが作成されない問題を修正しました。
    マーカ0へのスクロール/ジャンプを許可する
  • TASEditorスタイルコントロール
    Alt +クリックでパターンを描画
    Alt +描画パターン
    選択 – taseditorロジック
    Shift / Ctrlキーがtaseditorに再構成されます
    Shift + PageUp / PageDown – フレームを次の/前のマーカーに移動する
    Ctrl +左/右 – 最後に選択した行の選択範囲の追加/削除
    Ctrl + Shift +左/右 – 最初に選択した行で選択範囲を追加/削除する
    Shift +クリックは、最初に選択された行の入力をクリックされたセルに描画します。
    ルア柱
    フロート編集物やセル変更が不要な場合は更新しないでください

N64Hawk

  • GLideN64ビデオプラグインをリリース3.0にアップデートし、 #1053を修正

NESHawk

  • FDS – IRQタイミング修正
  • APU IRQ修正
  • APUの修正トライアングルチャンネル
  • FDS – ディスクステータスビットの動作を修正
  • Silva Sagaは既存のセーブゲームがないと思う
  • Mapperの実装63
  • Mapper 43とUNIF_UNL-SMB2jを実装する
  • フィックスマッパー114
  • フィートカートファイター(マッパー116)
  • PocahontusとSuper Donkey Kong(Mapper 182)を修正しました。
  • いくつかの無免許ゲームに対するさまざまな修正
  • バスの大きさ全体を含めるようにチートを上げる。 修正#1127

SMSHawk

  • 韓国のBIOSサポートを追加
  • ディスアセンブラの修正
  • デバッガ/ルアフックでSPの表示を修正
  • Savestate fixes

QuickNES

  • ブラックリストジョーとマック(#993)
  • マッパーの選択を修正

C64

  • スキャンラインIRQを修正
  • 4-in-1の修正
  • リーダーボードのゴルフを修正するが、シリアルポートの割り込みを正しく行う必要がある
  • フィックスマッパーF
  • 新しい(2017年2月の)Pepto Colodore値を使用するようにカラーパレットの値を更新しました
  • C64の設定ダイアログで同期の設定を説明してください。 修正#1091

GBA

  • mGBAを0.6.1に更新
  • mgbaのパレット設定のサポート、 #1042の修正

SG-1000

  • Mark IIIのキーボードサポート

Coleco Vision

  • スーパーゲームモジュールのサポートを追加
  • メガカートのサポートを追加
  • グラフィックスモードを実装する1
  • ターボコントローラを修正
  • ノイズチャンネルのオーディオを修正する
  • オーディオ品質を修正する

PCエンジン

  • クロッピングオプションの追加
  • 表示オフセットレジスタ機能の修正

Gambatte

  • GPUビューアの機能を復元する
  • エミュレーションとBIOSサポートの改善

A2600

  • 駆動コントローラの追加

A7800

  • RAMバンク用のカート解析を修正しました。修正#1129
  • ハイスコア SaveRAMを修正してください。 修正#1130

そろそろレトロゲーは全てBizHawkに任せたいが…

うちのPC環境ではまだ不安定な部分があるので本格的に使ってみようと思えなかったBizHawkですが、そろそろレトロな機種に関してはまとめて移行を考えてもいい頃かな?と思い始めています。

とは言え、まだいくつか気になる部分も残ってはいるので、それが解消されない限りはどうしたものか…といったところですが、その辺についてはまた別の機会にあらためて書いてみたいと思います。