おすすめのワンダースワンエミュとセーブデータの互換性および移行について

設定・使い方Mednafen,マルチエミュレータ,ares,WSC,BizHawk,RetroArch,Libretro

WS WSC ワンダースワン ワンダースワンカラー

現在も更新が続いているワンダースワンのエミュレータ(主に単体、スタンドアローン的な意味で)というのは存在しません。全て10年から20年くらい前に更新が終了しているものばかりです。

その頃から愛用しているエミュレータがあり特に不満は無いという事であればそれを使い続けていただいても構わないと思いますが、現在のマルチエミュはそれらと同等以上の互換性がありUIや機能面においても使いやすく充実している場合が多いので、特に拘りが無いようでしたら私はマルチエミュをお薦めしています。

ワンダースワンに対応したマルチエミュ

特にどれが推しという事はないのでひと通り使ってみて自分が一番使いやすい、自分にとって必要な機能が揃っていると思うエミュレータを選ぶのがベストでしょう。この辺りは好みの問題になると思いますのでね?

各マルチエミュのリンクや対応システムなどはこちらのエントリーにまとめてありますので併せてご利用いただければ幸いです。

RetroArch

MednafenのCygneコアがベースです。既にRetroArchを利用しているならコアをダウンロードするだけで導入出来るのでわりとお薦めです。

こちらのリンクはRetroArchのワンダースワンに関するドキュメントです。

BizHawk

RetroArch同様にMednafenのCygneコアがベースのようです。マルチエミュで縦画面用のキーコンフィグがあるのはBizHawkだけかと。セーブデータの移行が他のエミュレータと比べて一手間かかるのが難点と言えるでしょうか。

拡張子の変更だけで利用出来るシステムもあります。

ares

ベースになったコアがあるかはちとわかりかねますが、たぶんオリジナルだったと思います。設定が比較的簡単な方だと思うのでめんどくさがりな方にお薦めかも。

私としてはひそかに注目しているマルチエミュだったりしますが、他のエミュレータとセーブデータの互換性が全く無いシステムがいくつかありそうなのが悩ましいところでしょうか。

こちらのリンクはaresの動作確認リストです。

Mednafen

Cygneがベースのコアです。移行先としてはあまりお薦めではありませんが、このエミュレータからデータを移行する場合もあると思うので一応挙げておきました。

こちらのリンクはMednafenのワンダースワンに関するドキュメントです。

セーブデータの互換性と移行について

当エントリーに名前が挙がっている全てのエミュレータにおいてセーブデータの互換性があるので移行は非常に簡単ですが、BizHawkだけはちょっとした編集作業が必要になります。

検証に使用したゲームと確認方法

ワンダースワンとワンダースワンカラーでセーブデータのサイズが何パターンかあったので、とりあえず気がついた分だけですがひと通り確認してみました。

ワンダースワンカラー 32KB
  • 機動戦士ガンダム ギレンの野望 特別編 蒼き星の覇者
    LOAD GAMEが選択可能でセーブデータが存在
  • ナムコスーパーウォーズ
    LOADGAMEを選択してセーブデータが存在
  • ウィザードリィ シナリオ1 狂王の試練場
    訓練場に作成したキャラクターが存在
ワンダースワンカラー 2KB
  • TERRORS 2
    シナリオ X・ナイトが選択可能
  • LAST ALIVE
    洋介編・日香留編の表示あり
ワンダースワン 32KB
  • TERRORS
    シナリオ選択後に「つづきを読む」「すべての物語を最初から読み直す」などが表示
ワンダースワン 8KB
  • 鉄拳 カードチャレンジ
    アドベンチャー選択時のキャラクターセレクト画面

ここに無いサイズのデータもあるかもしれませんが互換性的には問題無いはずです。

セーブデータの移行

BizHawkとそれ以外の二通りの手順になります。

BizHawk以外のセーブデータ移行について

BizHawkだけ特殊なのでまずはそれ以外のパターンから。元のデータをそのままコピーか、コピー後に拡張子を変更するだけでOKです。

フォルダに関してですがデフォルトから設定を変更した場合はそちらを使用してください。aresでは設定を変更した場合、システム毎にサブフォルダが自動作成されるので一応書いておきます。

エミュレータ拡張子、備考など
WS WSC Emulator Cygne Cygneフォルダ:/SRAM/
拡張子:eep(2KB)
拡張子:sav(2KB以外)
WS WSC Emulator Oswan Oswanフォルダ:/sram/
※Oswan改造版も同じ、OswanJは /RAM/ かな?
拡張子:sav
WS WSC Emulator WSCamp WSCampフォルダ:イメージファイルと同じ
拡張子:sav
Multi Emulator RetroArch RetroArchフォルダ:/saves/
拡張子:srm
Multi Emulator ares aresデフォルトの場合
 フォルダ:イメージファイルと同じ
設定した場合(ここでは /saves/ にした例)
 ワンダースワンカラー
  フォルダ:/saves/WonderSwan Color/
 ワンダースワン
  フォルダ:/saves/WonderSwan/
拡張子:eeprom(2KB)
拡張子:ram(2KB以外)
Launcher for Mednafen Mednafen Launcher Mednafenフォルダ:/sav/
拡張子:sav
Mednafen

Mednafenでセーブデータを新規作成した場合はファイル名と拡張子の間に32桁のMD5が付加されますが、既存のセーブデータを移行する場合はその部分が無くても認識します。

例)イメージファイル名.123456789abcdef0123456789abcdef0.sav

BizHawkのセーブデータ移行について

BizHawkだけは単純コピーではダメな感じなのでバイナリエディタを利用します。テキストエディタではなくバイナリエディタなので注意してくださいね?

エミュレータ拡張子、備考など
Multi Emulator BizHawk BizHawkフォルダ:/WonderSwan/SaveRAM/
拡張子:SaveRAM

私なりの対応方法ですが、ざっくり流れだけ書くとこんな感じです。

  1. BizHawkでゲームを起動してすぐ終了
    要は空のセーブファイルを作成します。
  2. 移行元のセーブデータをバイナリエディタで開く
  3. 全てを選択してコピー
    コピったらファイルは閉じてOKです。
  4. BizHawkで作成したセーブデータをバイナリエディタで開く
  5. アドレス指定で400にジャンプ
  6. 先ほどコピったデータをまるっと上書きで貼り付け
  7. 保存して終了

拡張子はSaveRAMで元データよりサイズが1KB増えます。また、BizHawkから他のエミュレータにデータを移行する場合はこの逆の作業を行えばOKです。

何か他にもっといい方法は無いもんですかね?一応探してはみますけど。

詳細な手順に関してはこちらのエントリーが参考になれば幸いです。

ワンダースワンはマルチエミュがお薦め

セーブデータの確認作業をしている時にも思いましたが、やはり現在でもメンテナンスされているエミュレータとそうで無いエミュレータではUIの使い勝手も全く違うので、基本的には自分が好きなエミュを使えばOKというスタンスの私でもあえてスタンドアローン版を使い続ける理由は無いように思いますがどうでしょう。