SFC | SNESエミュ Mesen-Sのα版がリリースされました

2019/04/03

特徴のあるアイコンでお馴染みのFC | NESエミュレータ Mesenの作者さんが開発した新しいSFC | SNESエミュレータ Mesen-Sのα版がリリースされました。

早速ダウンロードして試してみましたが、GUIはほとんどMesenからの流用で使いやすく、α版と言うよりβ版かプレビュー版に近い出来のように感じました。

Mesen-Sのダウンロード

Mesen-Sのα版はGitHubのreleasesページから、開発版はAppVeyorからダウンロード出来ます。

AppVeyorからのダウンロードについてはこちらのエントリーが参考になれば幸いです。

About画面にあるページは現在まだ作成されていないようですが、恐らく近々作成予定なんですよね?

Mesen-S About画面

先日確認した時は404になりましたが、現在はGitHubに転送されます。

Mesen-Sを起動してみる

Mesen-Sの初回、または設定ファイルが無い状態での起動時に表示される初期設定ウィザードがまんまMesenな感じなので、Mesenを利用している方にとっては馴染みやすいと思われます。

Mesen-S 初期設定ウィザード画面

起動にはspc700.romが必要

Mesen-Sではこのファイルが無いとゲームを起動する事が出来ないようです。

Mesen-S spc700.romが必要っぽい

現行のSFC | SNESエミュでこのファイルを使用する事は基本的に無いと思いますが、MAMEで使用する場合があります。

本体と同じフォルダにspc700.romを入れれば起動出来るようになります。

Mesen-S 起動

GUIはMesenからの流用

先ほども少し触れましたが、GUIはMesenからの流用なのでとても開発初期の段階のエミュレータとは思えないくらいメニューが充実しています。

Mesen-S メニュー

正式版に期待、超期待

まだα版という事でしたが、私が触ってみた感じでは既にそこそこ使えるレベルに仕上がっているように思いました。ゲームによっては微妙に表示が気になる部分があったり、高解像度化やフィルターを使うと負荷が異様に高くなる事もあったので、内部的にはまだ最適化が必要なのかなといったところです。

何れにしてもMesenで実績のある作者さんが開発したエミュレータという事で今後に期待したいと思います。