Switchエミュ Ryujinxの導入と初期設定など

2020/09/14

Switchエミュ Ryujinx 公式サイト トップイメージ

先日yuzuの導入と初期設定についてエントリーを書きましたが今回はRyujinxについても同じようにまとめてみました。

yuzuの方が何かと話題になる事が多いように思いますが、Ryujinxも負けてないどころかむしろこちらの方がいいんじゃないかと思える部分もあってどっちをメインで使っていこうか悩ましいところではあります。

とまぁそんな事を考えるのはまだ時期尚早かもしれませんけどね?

当エントリー執筆時のRyujinxのバージョン

2020/9/13時点で最新の1.0.5347での設定内容になります。

公式のセットアップ&設定ガイド

当エントリーはこちらの公式ガイドを参考にしています。

公式のガイドをまるっと翻訳サイトに放り込んだ方が…と言う話もありますがそれはそれで。

Ryujinx導入の事前準備

本題に入る前にRyujinxの導入にあたってハードウェア要件と起動に必要なファイルの確認です。

ハードウェア要件

Ryujinxの場合はよくある最小・推奨構成ではなく最低このくらいは欲しい的な感じでしょうか。

GPUOpenGL 4.4以降
RAM8GB以上

何れにしてもyuzuと同等のスペックは必要かと思われます。

Ryujinxの導入に必要なファイル

例によってこの手のファイルは自分で用意していただくという前提で話を進めますが、Ryujinxの導入には以下のファイルが必要です。

Ryujinx導入に必要なファイル

prod.keys
Switchのファームウェア

Ryujinxにはファームウェアが必要なのでyuzuより敷居が高く感じるかもしれませんが、yuzuが利用出来ている方ならまず大丈夫かと思われます。ファームウェアはトリムしていないxci形式のイメージファイルからもインストール可能ですが、ゲームの発売時期によってバージョンが変わるので特定のバージョンを狙って入れるのは難しいかもしれません。

尚、prod.keysとファームウェアのバージョンは合わせるようにとの事です。合ってないとどうなるかは試していないので何とも言えませんけど。

あと、Audio BackendにOpenALを使用する場合はOpenALのインストールが必要です。

ページによってはSDKがリンクされている場合もありますが通常版でいいと思います。

Ryujinxの導入

それではRyujinxのダウンロードからファームウェアのインストールまでの手順です。

Ryujinxのダウンロード

Ryujinxのダウンロードは公式サイトのダウンロードページから。

必ずしも最新版がリンクされてるとは限らないので、最新版が欲しい場合はAppVeyorのHistoryを表示させて一番新しいものを選ぶといいでしょう。

Ryujinxのインストール

任意のフォルダに展開するだけでOKです。

prod.keysの配置

それではまずRyujinx.exeを実行します。

prod.keysがありませんよ?的なダイアログが表示されるのでとりあえずOKをクリックして閉じます。

メニューのFile > Open Ryujinx Folderをクリックします。

表示されたフォルダにあるsystemの中にprod.keysを入れます。

Ryujinxを一旦終了させて再起動します。ここで先ほどのprod.keysがありませんダイアログが再び表示された場合はprod.keysを入れたフォルダが間違っているかファイルに問題がある可能性があります。

とりあえずprod.keysはOKだったものとして次に進みますね?

ファームウェアのインストール

メニューのTools > Install Firmware > 用意したファームウェアのフォーマットに合わせてどちらかを選択してインストールします。

ファームウェアのバージョンとインストール確認のダイアログが表示されるのでYesをクリック。

これでファームウェアのインストールは完了です。OKをクリックして次に進みます。

Ryujinxの設定

メニューのOptions > SettingsをクリックしてRyujinxの設定画面を開きます。各タブの画像は私の設定ですが、おかしな事をしていないとは言い切れないので注意が必要かもしれません。

Generalタブ

いわゆる一般的な設定ですがその割に項目は少なめです。

General

  • Enable Discord Rich Presence
    Discordリッチプレゼンスを有効にする、という事で例によって私はチェックを外しています。

Game Directories

上の画像ではまだ設定していない状態ですが、AddボタンをクリックしてSwitchのイメージファイルが保存してあるフォルダを選択します。

Theme

  • Use Custom Theme
    自作テーマ(他の方が作ったものでもいいですけど)を使用したい場合はチェックを入れてBrowseボタンから使用したいテーマファイルを選択します。

Inputタブ

Ryujinxの入力設定です。

  • Enable Docked Mode
    ドックモードを有効にします。
  • Direct Keyboard Access
    ここは特別な理由が無い限りイジらない方がいいそうです。

ドックモードを有効にした場合はPlayer 1~8までのConfigureボタンから各コントローラの設定をしますが、そうでない場合は一番右下のHandheldのConfigureからコントローラの設定をします。

コントローラ設定

Configureを押すとコントローラの設定画面になります。

参考までに下の画像は左がDinputで右がXinputの例です。

RyujinxはXinputの方がいいかも

RyujinxではXinputのコントローラの方が設定が簡単なようです。確かに公式のガイドでもDinputに関しては一切触れられていないような…

とりあえずDinputでも問題なく設定出来る事を確認していますが、何か挙動がおかしかったり設定がうまくいかない場合はXinputのコントローラに変えるかX360CEを利用してみてください。

X360CEの使い方に関してはまた別の機会にという事で。

設定の流れ的にはDinputもXinputも同じです。

  • Input Device
    Dinputの場合:Controller/0(Unmapped Controller)を選択。
    Xinputの場合:Controller/0(Xinput Controller)を選択。
  • Controller Type
    私はPro Controllerを選択しましたがお好みでどうぞ。
  • Profile
    Defaultを選択してLoadボタンをクリック。

DinputのコントローラがUnmapped Controllerと表示されるのは私の環境の問題かも?なので違う名称で表示されていたらそれっぽいのを選択してください。

これで各ボタンが自動的に設定されるはずです。

…が、そもそもXinput用のデフォルト設定なのでDinputだと全ての設定を見直す事になります。あとはスティックのデッドゾーンがデフォルトでは0.10だけど実は0.20くらいがお薦め的な事がガイドに書いてあったのでそうしてみました。Xinputの場合も設定内容は一応確認した方がいいですが、Dinputよりは修正箇所が少ないはずです。

設定がひと通り終わったらProfileのAddボタンをクリックしてプロファイルを作成しておきましょう。プロファイル名の入力ダイアログが表示されるのでわかりやすい名前をつけてOKをクリックします。

Server HostとかServer Portは別に要らなくね?とか思って消したり未入力の状態だと保存時にエラーが出る(ログにしか表示されないのでわかりにくい)のでそのままにしておきましょう。

Systemタブ

そのまんまですがシステムの設定です。

Core

  • System Region
    Japan
  • System Language
    Japanese
  • System TimeZone
    デフォルトで入力されているUTCの部分を削除するとプルダウンメニュー的な感じでズラーっとリストが表示されますが、そこから探すより普通にJapanと入力した方が速いような。
  • Enable Vsync
    垂直同期です、例によって私はチェックを外しています。
  • Enable Multicore Scheduling
    マルチコアスケジューリング有効、デフォルトのままでいいでしょう。
  • Enable Profiled Persistent Translation Cache
    プロファイルされた永続的な翻訳キャッシュを有効、だそうな…説明はちと長くなるので後にしますがこれはチェックしておいた方がよさげな感じですよ?
  • Enable FS Integrity Checks
    FS整合性チェックを有効にする、これもデフォルトでいいでしょう。
  • Audio Backend
    XAudio2が無いのでデフォルトのOpenALでいいかなと思いますが、OpenALをインストールしていないと次回起動時にSoundIOに変わるようです。音が出れば何でもいいや的な方は特にイジらなくていいと思いますけど。

Hacks – These may cause instability

  • Ignore Missing Services
    見つからないサービスを無視、とりあえずデフォルトでいいでしょう。

プロファイルされた永続的な翻訳キャッシュとは

私も説明出来るほどよくわかっていないのでガイドを機械翻訳でそのまんまですが

PPTCでゲームのロード時間を短縮

一言で言えば、この機能は翻訳された関数をキャッシュして、ゲームをロードするたびに翻訳する必要がないようにします。これにより、ほぼすべてのゲームにおいて、ロード時間(ゲームを起動してからタイトル画面に到達するまでの時間)が大幅に短縮されます。

注意:3回目の起動でパフォーマンスの改善がアンロックされるまでには、少なくとも2回ゲームを起動してタイトル画面までロードするか、それ以上のロードをさせる必要があります。これらの改善は永久的なものであり、今後の追加起動は必要ありません。

という事だそうです、何となくこれはチェックしておいた方がいいような気がしますよね?

確かにこれは起動までが長いゲームほど体感でも速くなったと感じる事が出来ました。

Graphicsタブ

グラフィック設定です、ここは特にイジらなくていいと思いますが一応。

Enhancements

  • Resolution Scales
    解像度を上げるのはパワフルな環境の人だけにした方がよさそうです。逆にカスタムで画質を落として軽量化する事も出来るのか気になるところですが。
  • Anisotropic Filtering
    異方向性フィルタリングです、とりあえずデフォルトのAutoで。yuzuの時も書きましたが2xにした方が軽くなる可能性もありそうな予感が無きにしもあらず。

Developer Options

  • Graphics Shaders Dump Path
    シェーダのパスですか…とりあえずデフォルトのままで。

Loggingタブ

ログの出力に関する設定です。

ここもデフォルトのままで…と思いましたが、ファイル出力は通常時は要らないだろうという事で。

Logging

  • Enable Logging to File
    ファイルへのログ記録を有効、ここだけチェックを外してみました。

設定の保存をお忘れなく

ここまで設定が終わったら忘れずにウィンドウ右下のSaveボタンをクリックして保存しておきましょう。これを忘れると最初からやり直しになると思います…たぶん、というかほぼ間違いなく。

その他の設定

主な設定以外についてあと少しだけ。

ゲームリストの表示項目

メニューのOptions > Enable GUI Columnsからゲームリストに表示する項目を選択出来ます。

  • Enable Favorite Games Column
    お気に入りチェックが可能に、ただしお気に入りのみ表示といったフィルタリングではなくソートな模様…
  • Enable Icon Column
    ゲームのアイコンです、さすがに普通これは消さないでしょう。
  • Enable Title Name/ID Column
    ゲーム名とIDです、これも消しませんよね?
  • Enable Developer Column
    開発元です、細かいようですが表示内容的にはPublisherではないかという気も…間違ってたらすいません。
  • Enable Version Column
    バージョン表示です、これはあった方がいいような。
  • Enable Time Played Column
    通算プレイ時間です、クリアまでに何時間かかったとか知りたい時にあるといい気がします。一旦非表示にしても内部的にはちゃんとカウントしてくれてるでしょう、たぶん。
  • Enable Last Played Column
    最後にプレイした日時です、邪魔でなければ表示しておいてもいいでしょう。
  • Enable File Ext Column
    イメージファイルの拡張子です、これは不要かなと。
  • Enable File Size Column
    イメージファイルのサイズです、これも不要かなと思いましたがディスクを空けたい時の参考にする場合もあるので。
  • Enable Path Column
    イメージファイルのパスです、これは不要ですね。

グリッド表示ならともかくリスト表示なので拡張子とパスだけ非表示にしておけばいいかな?という感じです。これはあくまでも私の設定例なのでもちろん好きなようにしていただいて構いません。

Ryujinxの自動更新について

メニューのHelp > Check for Updatesから自動更新が出来そうに思えますが、実はダミーと言うかまだ実装されていない機能のようです。

自動更新機能が実装された?かも?

このエントリーを公開した後のどのバージョンからかはわかりませんが、何らかの変更はあったようです。ただ、新しいバージョンが出てるのに最新版使ってますよ?みたいな反応ですけど…

それよりRyujinxはめっさファイル数が多くて上書き更新でもそれなりに時間がかかるので、早いとこその辺をすっきりさせていただきたいものですがどうでしょうね?

Ryujinxの導入完了!

これでRyujinxの設定はひと通り完了です。いまいちまだよくわかってないところも無くはないですが、あとは当エントリーに書いてある事も無い事も公式のガイドを参考に設定していただけると幸いです。

yuzuで起動しないゲームが結構Ryujinxでは動いたりもするので、Switchエミュはまだyuzuしか使った事が無いという方もこの機会にぜひRyujinxを導入してみてはいかがでしょう。