SFC | SNESエミュ Mesen-Sで画面上下の黒い余白(レターボックス的な何か)を隠す方法

Mesen-S オーバースキャン設定で上下の黒い部分(レターボックス)を隠す

Mesen-Sって画面の上下に黒い余白が出来ると言うかウィンドウサイズいっぱいまで引き伸ばされない感じなんですよね。Snes9xやbsnesではちゃんと表示されるのになんでやのん?という事でその辺りを調べてみました。

どうやらMesen-Sではデフォルトでオーバースキャンエリアを表示するようになってるっぽい事がわかったので、その部分を表示しない設定方法の紹介です。

いわゆるレターボックス的な何か

百聞は一見にしかず、要はこんな状態の事です。ポップアップ表示すると背景が黒いのでわからなくなっちゃいますけど。

Snes9xとbsnesではその部分は表示されていません。

ちなみに設定で表示させる事も可能ですがそれはまた別の機会にという事で。

Mesen-Sのオーバースキャン設定

それではムダな前振りは無しでズバっと行きましょう。

Mesen-Sを起動してOptions > Videoを開きます。

Overscanのタブを選択し、TopとBottomの値を8に設定してOKをクリックします。

うまくいきましたね?

変更が反映されない場合はOptions > Video Sizeを一旦違うサイズにしてから戻してみて下さい。ショートカットキー(デフォルトならAlt+n)で切り替えると早いです。

Libretroコアの場合

基本的には同じですが項目名が微妙に違うので一応。

Mesen-Sコアでゲームを起動し、F1キーでクイックメニューを開いてオプションを選択します。

Vertical Overscanを8pxに変更して再開します。

メニューバーからウィンドウのスケールを設定すると…うまくいきましたね?

Mesen-Sがいい感じになってきました

現在更新されているエミュレータなら好みでどれを選んでも問題無いと思われるスーファミエミュですが、このMesen-Sをメインにするのもありかな?と思い始めたところにこのレターボックス的な黒いアレだったので設定で何とかする事が出来たのは幸いでした。

なにげにこれ結構気になりますよね?という事で気になっていた方はぜひお試しを。