エミュレータの動作に必要な要件(OpenGL・Vulkan)をGPU Caps Viewerで確認しよう

GPU Caps Viewer 3Dデモ画面

エミュレータの動作環境に必要な要件としてOpenGLのバージョンがいくつだとかVulkanが何とかみたいな事が書かれている場合があると思いますが、それってどこで確認したらいいのかわかりません!という方もみえるかと思います。

そこで当エントリーではフリーソフトのGPU Caps Viewerを利用した確認方法を紹介します。

GPU Caps Viewerのダウンロード

3DSエミュ Citraの公式サイトでもOpenGLのバージョンを確認するツールの例として名前があがってたりするソフトです。とりあえずPCに入れておいて損は無いでしょう。

まずは公式サイトに行きます。

こちらの大きいボタンからダウンロードページへ。

GPU Caps Viewer 公式サイト トップ

CPU-Zもそうでしたが、このGPU Caps Viewerもわざわざインストールするほどでは無いので、Portable versionでいいのではないかと思います。

GPU Caps Viewer ダウンロードページ

1回でダウンロードさせてよ…という感じですが今度こそ最後です、青いダウンロードボタンをクリックします。

GPU Caps Viewer ダウンロードボタン

ダウンロードしたGPU_Caps_Viewer_x.xx(x.xxはバージョン)を任意のフォルダに展開します。

GPU Caps Viewerの使い方

日本語化パッチを探してみましたが見当たらないようですし、英語でも何となく使えない事は無いのでこのまま使ってみましょう。展開したフォルダからGPU_Caps_Viewer.exeを実行します。

OpenGLのバージョンを確認

GPU Caps Viewerを起動すると、この部分に表示されています。

GPU Caps Viewer 起動画面

とりあえずこの画面からわかる事は

  • Vulkanはサポートしていない
  • OpenGLのバージョンは4.3
  • OpenCLのバージョンは1.2

といったところでしょうか。PCの環境によってこの辺は当然変わってきますので、まずは自分のPCでGPU Caps Viewerを起動して、わからない部分は適当にググってみたりして下さい。

ビデオカードが複数ある場合はプルダウンメニューから選択します。

GPU Caps Viewer ビデオカードの選択

OpenGLやVulkanの詳細はそれぞれの名前のついたタブにあります。

エミュレータが動作しない場合は必要要件を確認

CPUやメモリーがエミュレータの公式で推奨されるスペックに少し届かない程度ならムリヤリ動作させる事も不可能ではありませんが、OpenGLのバージョンやVulkanのサポート有無などに関しては何ともしようが無いので、どうしても使いたいエミュレータの必要要件を自分のPCが満たしていない場合は、ビデオカードのアップグレードか新しいPCの購入を検討する必要がありそうです。

尚、CPUに関する要件はこちらのエントリーが参考になれば幸いです。