【FCエミュレータ】Mesen

2017/04/12紹介・レビューNES,Mesen

Nintendo FC Emulator Mesen

2016年にリリースされたファミコンエミュレータがこのMesenです。まだβ版とのことですが非常に多機能で完成度も高く、本体の自動更新やGoogle Driveを利用したセーブデータのクラウドバックアップというこれまでのエミュレータには無い機能が目を引きます。

当エントリーは過去記事をそのまま移行したのでかなーり古い内容となっています。近い内に新しいフォーマットを考えて加筆・修正する予定ですのでしばらくお待ちいただきたい。

ちなみに現在このエミュレータは更新を停止しています。

Mesen

エミュレータ詳細 | Detail

更新状況 | Status

意欲的に更新されています、正式版のリリースが待ち遠しいですね。

プラットフォーム | Platform

  • Windows
  • Linux

主な機能 | Function

  • BIOS不要※1
  • 日本語対応
  • 高速化
  • 巻き戻し
  • 高画質化
  • ステートセーブ
  • シェーダー
  • フィルター
  • スクリーンショット
  • 録画
  • 録音
  • ジョイパッド
  • チート
  • ネットプレイ

※1ディスクシステム使用時は要BIOS

対応フォーマット | Format

  • nes
  • fds
  • nsf
  • nsfe
  • unf
  • ips
  • zip
  • 7z

公式サイト | Official Website

ダウンロード | Download

正式版はまだありません。Stable version is not yet.

使用方法 | How to use

インストール | Install

ダウンロードしたアーカイブを任意のフォルダに展開するだけです。

起動 | Execution

Mesen.exe を実行すれば起動します。

設定 | Configuration

細かい設定に関してはぼちぼち追記していく予定ですが、メニューが全て日本語なので特に迷うところは無いでしょう。

Tips | Tips

設定ファイルなどの保管場所

関連ファイルは本体と同じフォルダには作成されません。変更する方法は無いものかと探してみましたがちょっと見当たりませんでした。どうも以下のパスで固定という感じでしょうか。

C:\Users\ユーザー名Documents\Mesen

メニューバーから 設定 > 設定 と開くと、全般タブの左下に Mesenのフォルダを開く というボタンがあるので、それをクリックする事でフォルダの内容を確認出来ます。

自動更新時の注意点

容量的に大した事はありませんが、Mesenの機能を使ってアップデートする度に Backups と Downloads フォルダの中に過去のバージョンとダウンロードしたバージョンの本体ファイルが増えていくので、時々は中身を確認して削除した方が良いでしょう。

その他のTips

何かあればその都度、追記していきます。

関連サイト | Related Sites