DCエミュ redreamのウィンドウサイズをカスタマイズする方法

Dreamcast 起動ロゴ画面

先日のエントリーでDCエミュレータ DEmulのウィンドウサイズをカスタマイズする方法を紹介しましたが、redreamでも同様の方法でウィンドウサイズを変更出来るようです。

redreamには有料版と無料版がありますが、当エントリーで紹介するのは無料版の設定方法になりますのでその点はご注意下さい。また、redreamのバージョンはv1.3.1-388-g279b4c5(2019/03/14更新)を使用しています。

redreamのウィンドウサイズ変更方法

まずは普通にGUIからウィンドウサイズを設定する方法です。

メニューのVIDEOからVideo Optionsを開くとWindow sizeという項目があります。

redream ウィンドウサイズの設定

この部分をクリックする度に以下の順でウィンドウサイズが変わっていきます。

  • 320×240
  • 640×480
  • 1024×576
  • 1280×720
  • 1600×900

クリックと同時にウィンドウサイズが変わるので、いきなりウィンドウが320×240に縮小されてメニューに何が書いてあるか読めなくなりますが、先ほどクリックしたWindow sizeの部分は背景色が変わったままなので、落ち着いて同じ部分をクリックすれば次は640×480に拡大されて何とか読めるようになるかと思います。

redream ウィンドウサイズ 320x240(原寸大)

  • Fullscreenをonにしている場合はこの設定は関係無さそうです
  • Aspect ratioはstretchが無難でしょう

このプリセットの中に設定したいサイズが無い場合、次の方法でカスタマイズする事が出来ます。

プリセットに無いサイズにカスタマイズ

redreamが起動していない状態で、redream本体と同じフォルダにあるredream.cfgをテキストエディタで開きます。

この辺りは環境によって変わるかもしれませんが、9行目付近に以下のような部分があるはずなのでそれを好きな値に変更して保存します。

size: 960×720

後はredreamを起動すればその設定が適用されます。この方法でウィンドウサイズを設定する場合もAspect retioはstretchにしておいた方が面倒がなくていいでしょう。

下の画像は960 x 720というよくあるサイズですが、redreamのプリセットには無いサイズです。

redream ランチャー画面

注意点としては、この設定をした後にVideo OptionsのWindow sizeをクリックしてしまうと自分で設定した値が消えてしまうので、あらためて設定ファイルを再編集する必要があります。

プリセットに無いサイズにしたい時にどうぞ

ダウンロードにメールアドレスの登録が必要なせいかあまり語られる事の無いredreamですが、比較的新しいエミュだけあってGUIも使い勝手が良く無料版でも十分いい感じなので、興味のある方はぜひ一度お試しを。