PS2エミュ DobieStationの開発版が公開されました

CorgiDSの作者さんがそちらの開発を中断して新たに着手したPS2エミュのDobieStationですが、以前から名前だけは聞いていたもののバイナリが公開されていなかった為ずっと気にはなっていました。

そのDobieStationの開発版がAppVeyorからダウンロード出来るようになりました。

DobieStationのダウンロード

DobieStation開発版のダウンロードはこちらから。

どこをクリックしたらダウンロード出来るのかよくわからないという方はこちらのエントリーが参考になれば幸いです。

DobieStationを起動してみる

開発が始まってまだそれほど経っていないエミュレータなので、メニューには必要最低限な項目しか実装していないという感じです。

DobieStation 初回起動画面

設定はまだほとんどイジれません

まだ設定項目が少ないと言うよりほとんど出来ないと言ってもいい状態で、以下の画面にある項目とウィインドウサイズのスケールくらいしか設定する事が出来ません。

尚、デフォルトのキー設定はこちらのページで確認出来ます。

利用可能なフォーマット

DobieStationで利用可能なフォーマットはelf・iso・csoとなっており、bin+cue形式のイメージファイルはそのままでは読み込ませる事が出来ません。

基本的に中身は同じなので拡張子を変更するだけでOKだと思いますが、そうしたところで起動するかどうかはまた別の話という事で。

正直まだ重いです

とりあえず起動してみましたが私の貧弱なPCでは激しく重いです…激重です。

DobieStation 起動画面

メーカーのロゴ画面ですらFPSが1桁~30前後を行ったりきたりといった感じでした。やっぱパワフルなPCが欲しいですねぇ…

これからに期待したいところ

正直まだPlay!のレベルにも達していないように思いますが、登場と同時に実用レベルを求める方がムリな話なので、今後どのように開発が進んでいくのか楽しみにしつつチェックを続けていきたいと思います。