マルチエミュ BizHawkにmelonDSコアが追加されていた件

BizHawk melonDSコア ファミコンウォーズDS タイトル画面 トップ用

毎日エミュレータの更新チェックをしていながら全く気が付いてませんでしたが、マルチエミュレータのBizHawkにmelonDSのコアが追加されていたようです。

コミットを遡ってみたところ恐らくここ1~2週間くらいの事ではないかと思いますが、ひとまずそれは置いといてどんな感じなのか起動確認してみました。

起動に必要なファイル

melonDSコアの起動に必要なファイルは通常版のmelonDSや他のDSエミュと同様です。

  • bios7.bin
  • bios9.bin
  • firmware.bin

これをBizHawkのFirmwareフォルダに放り込めばOKです。

Config > Firmwares でNintendo DSのファイルを確認すると、firmwareのところに ではなく がついているかもしれませんがゲームは普通に起動出来ます。

ただ、こうなってるとファームウェア画面が起動出来ないような…

とりあえず起動してみる

特に理由はありませんが何となくこの2本を起動してみました。

さすがmelonDSといったところでしょうか。

まだ設定可能な項目は少なめ

少なめと言うかキーコンフィグ以外ほぼ無いに等しいですが、元がmelonDSだけにキビキビと動いていい感じではあります。高画質化や細かいオプションに拘らなければ十分実用レベルでしょう。

BizHawkもまだまだ頑張ってます

RetroArchの台頭で影が薄くなってきた感のあるBizHawkですが、少しずつ利用可能なコアも増えてますしまだまだマルチエミュとして選択肢に入るかと思います。